Loading

news

「まちのおやこテーブル」

武蔵国分寺公園で開催された、『まちのおやこテーブル』のイベントの写真撮影をさせていただきました。 まちのおやこテーブルhttp://machinooyako.com/

私にとっても地元である国分寺。ここにはたくさんのコミュニティが存在し、「まちのおやこテーブル」もその一つです。

 

 

 

 

 

 

呼びかけ人は、子どもが保育園に通うワーキングママたち。

仕事をしながら子育てに奔走する日々。。。
たまにはごはんを作らず、
仕事帰りに子連れで寄れて、
普通のごはんを食べられる場所がほしいな、
たまにはゆっくりおしゃべりしたいな、
子どもも楽しめる場があると罪悪感がなくていいな。

そんな、思いが形となって実現したのが 「まちのおやこテーブル」です。 。

きょうだいがいても、いなくても、
子どもはキッズスペースで近所の子と遊び、
親とは違うまちの大人に出会う。

「親」の子が「まちのこ」にもなっていって、
「親」や「まちに暮らす人」が「まちのおや」になっていったら・・・
自分の子もそうでない子も、
近くでワイワイやっていることが、
まちの日常風景になっていく。

 

 

 

 

 

 

今回のイベントでは、親子でサンドウィッチを作ったり。。。
大好きな絵本や紙芝居を遊び唄など。 次々と楽しいことの連続です。

 

 

 

 

 

天気に恵まれ、大人も子どもも楽しそう。たくさんのいい顔を見れましたよ。

 

 

 

 

 

 

子どもたちの生き生きとした表情は、街の宝物です。

 

 

 

 

 

 

 

【まちのおやこテーブルとは】

ごはんをきっかけに、子育てや仕事に奔走するママ・パパとまちに暮らす人をつなぐ場。大人は「まちのおや」、子どもは「まちのこ」になる地域づくりを目指しています。

これからもみんなでごはんを食べたり、遊んだり、様々なイベントをしていくようです。

子どもだけでなく、親たちも楽しめる企画がたくさん。

初めての参加や、パパの参加も大歓迎!とのことです。

まちのおやこテーブルhttp://machinooyako.com/

Facebook https://m.facebook.com/machino.oyako.table

 

 

 

 

PAGE TOP